パソコンFAQ

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/09/03(土)
パソコンの電源を入れるとマザーボードメーカーのロゴ画面が表示されますが、画面の切り替わりが速くてしっかり確認出来ない?

そんな時には、キーボードの「Pause」キーでロゴ画面を静止させることが出来ます。

gigabytelogo1.png


>> 「PC起動時のメーカーロゴ画面を静止させるには?」 の続きを読む
スポンサーサイト
2016/09/02(金)
一般的な通信では、ドメイン名をDNSサーバーに問い合わせ、IPアドレスを取得するが、通常はPCが内蔵するソフトで自動的に処理が行われ確認することが出来ません。

DNSサーバーがトラブルの原因だった場合、「nslookupコマンド」を使うことで、DNSサーバーの挙動を目に見える形で確認することが出来ます。

使い方はいたって簡単で、コマンドプロンプトを管理者として実行『nslookup(スペース)ドメイン名』と入力するだけです。

nslookup3.png

参考サイト:http://pctaiken.cdx.jp/system/nslookup.html


2016/08/29(月)
DNSサーバーに問い合わせると、ドメイン名とIPアドレスの変換が出来ているか?出来てないか?がわかります。

DNSの動作情報は一時的に保存されていて、コマンドプロンプトに『ipconfig /displaydns』と入力し表示できます。

displaydns1.png


>> 「DNSサーバーの動作は「ipconfig /displaydns」で確認」 の続きを読む
2016/08/26(金)
「ping」と並んで使う頻度の高い『ipconfig』は、WindowsではIPアドレスを確認するのに使うコマンドですが、LANインターフェイスごとのネットワーク設定を確認するコマンドでもあります。

コマンドプロンプト(管理者として実行)にipconfigと入力して実行すると、LANインターフェイスごとの「IPv6アドレス」と「IPv4アドレス(IPアドレス)」が表示されます。しかし、こらだけでは情報が不十分なので、オプションを付けてすべての構成情報を表示させるのが一般的です。

ipconfig1.png


>> 「ネットワーク設定の基本情報 ipconfigコマンド」 の続きを読む
2016/08/24(水)
ネットワークトラブルは目に見えないので、原因を特定するのは難しいものですが、トラブル見舞われた場合何かしらの方法で解決しなければなりません。

ネットワーク管理者が切り分けの時に良く使う代表的なコマンド『ping』を紹介します。

『ping』は「ICMP」とういうプロトコルで定められていて、「エコー要求」と「エコー応答」により、接続や通信の遅延が調べられるコマンドです。

ping9.png

>> 「ネットワークトラブルに役立つ pingコマンド」 の続きを読む
2016/08/23(火)
Windowsの復元ポイントは、システム構成が大きく変わる前に自動で作成されます。

自分でシステムの変更やレジストリ操作などをした場合は、Windowsの復元ポイントを手動で作成するといいでしょう。

manualrestorepoint2.png


>> 「Windows復元ポイントを手動作成」 の続きを読む
2016/08/20(土)
Windows Liveメールの着信音は、Windowsにも幾つかのサウンドファイルが用意されていますが、自分好みのサウンドに設定することが出来ます。

また、通常設定では新着メールが来ると着信音が鳴るようになっていますが、鳴らさない設定も可能です。

「スタート」→「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」を選択します。

ringtone1.png

>> 「Windows Liveメールの着信音設定」 の続きを読む
2016/07/18(月)
グループポリシーを設定しておくと、機密性の高いデータなどを復元出来くすることが可能です。

コントロールパネルやメニューから呼び出すことが出来ない隠しツールなので、「スタート」→検索欄に『gpedit.msc』に入力して「ローカルグループポリシーエデュター」を呼び出します。

gpedit1.png


>> 「機密性の高いデータをグループポリシーで復元禁止」 の続きを読む
2016/07/06(水)
Windowsでは作業中の一部のファイルやインターネットの一時ファイル、アップデート時の一時ファイルなど、勝手に蓄積されるファイルがあります。

このような無駄なファイルを整理し不要な物を削除するのが、『ディスククリーンアップ』機能です。

また、「通常クリック」のディスククリーンアップと「管理者として実行」のディスククリーンアップには違いがあります。

diskcleanup1.png
Endeavor AT993E


>> 「管理者から実行するディスククリーンアップ」 の続きを読む
2016/07/04(月)
簡単なキーボードキーの打ち間違いを自動的に修正してくれる機能が「オートコレクト機能」です。

autocorrect.png


PCゲーミングデバイス2000アイテム


>> 「Windows オートコレクト機能の設定」 の続きを読む
2016/06/30(木)
Windowsの「イベントビューアー」では、エラーなどを記録したログを見ることが出来ます。また、Windowsに異常があった場合などに、どこでエラーを起こしたか調べるのに活用出来ます。

「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「管理ツール」画面を開きます。

eventviewer1.png


秋葉館オンラインショップ

>> 「Windowsのエラー記録をみるイベントビューアー」 の続きを読む
2016/06/27(月)
Windowsの標準では、スタートメニューの右側に「ドキュメント」や「ピクチャ」、「ミュージック」、「ゲーム」、「コンピューター」などの項目が並んでいます。これらの項目は、表示・非表示設定だけで無く表示されていない項目も表示させることが出来ます。

management-tool.png


>> 「Windows スタートメニュー項目のカスタマイズ」 の続きを読む
2016/06/22(水)
Windowsの復元ポイントはシステムを修復する時に便利ですが、一種のバックアップデータなのでハードディスクの容量を使うのも事実です。

ハードディスク容量を圧迫する場合は?管理機能を使い使用する容量の上限を変更したり、不要な復元ポイントを削除するといいでしょう。

「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの保護」をクリックします。

SystemRestore1.png


>> 「Windows 復元ポイントの管理と設定」 の続きを読む
2016/06/18(土)
デバイスマネージャーとは?その名の通り「デバイスドライバー」を管理する機能で、パソコンに接続されているすべての周辺機器を管理します。

「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「デバイスマネージャー」

devicemanager.png


>> 「Windows デバイスマネージャーとドライバー削除」 の続きを読む
2016/06/16(木)
Windowsにはマイク環境が整っていれば使える「サウンドレコーダー」という録音専用ソフトがあります。

録音したものはサウンドファイルとして保存が可能です。

SoundRecorder.png


>> 「Windows 録音専用ソフト、サウンドレコーダー」 の続きを読む
2016/06/14(火)
Windowsには沢山のアクセサリが有りますが、不要な物は削除することが出来ます。削除といってもアンインストールではなく、「Windowsの機能の有効化または無効化」を使い表示されないようにする機能です。

「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラム」を選択します。

accessories.png


>> 「Windows 不要なアクセサリの有効化と無効化」 の続きを読む
2016/06/07(火)
Windowsに搭載されている「ワードパッド」は簡易ワープロソフトです。

書体や文字サイズ、太字や斜体に取り消し線などの基本装飾機能や、画像の挿入や貼り付け、文字に色をつけたりする機能も備えられています。

Wordpad.png


>> 「Windows ワープロソフト、ワードパッド」 の続きを読む
2016/06/04(土)
Windowsには『普通の電卓』、『関数電卓』、『プログラマ電卓』、『統計電卓』と言った4種類の高機能な電卓が搭載されています

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→『電卓』

calculator.png


>> 「Windowsが備える4種類の高機能電卓」 の続きを読む
2016/06/02(木)
デフラグは「コマンドプロンプト」かも実行することができます

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリー」の中に『コマンドプロンプト』があります

また、コマンドプロンプトを実行する場合は、右クリックで「管理者として実行」が必須です

cmd-DiskDefragmenter.png


>> 「Windows コマンドプロンプトからデフラグ」 の続きを読む
2016/05/31(火)
Windowsを機能させるハードディスクはとても重要な役割を果たすPCパーツです。また、永久に使い続けることの出来ないパーツでもあります

寿命の近いハードディスクは書込みや読み込みエラーを起こしたり、場合によっては保存ファイルが壊れる恐れもあります

突然の故障に見舞われないために定期的な『ハードディスクのエラーチェック』がオススメです

メンテナンスしたいドライブを右クリック「プロパティ」クリックします

HDD-error.png

>> 「Windows ハードディスクのエラーチェック」 の続きを読む
2016/05/25(水)
Windowsが標準状態の場合、アップデートの設定は『更新プログラムを自動的にインストール(推奨)』になっています

「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows Update」もしくは、「スタート」→「コントロールパネル」→「Windows Update」

Windows-up-set1.png


>> 「Windows アップデートの設定」 の続きを読む
2016/05/22(日)
標準状態のエクスプローラでは、「整理」、「書き込む」、「新しいフォルダー」などが並んだメニューバーが表示されていますが、「ファイル」、「編集」などの項目が並ぶメニューバーも表示させることが出来ます

explorer-menubar1.png


>> 「Windows エクスプローラ、メニューバーの常時表示」 の続きを読む
2016/05/17(火)
プレビューウィンドウは、選択したファイル内容をプレビューする機能で、ExcelやWord、画像などのファイルがプレビュー出来ます

ボタンをクリックすることで「プレビューウィンドウ」の表示、非表示が可能です

Previewwindow.png


>> 「Windows プレビューウィンドウの表示」 の続きを読む
2016/05/13(金)
Windowsファイルの名前や日時などの並べ替えやクループ化設定は、ファイルのプロパティに情報を追加出来る「タグ」でも設定が可能です

Grouping-tag1.png


>> 「Windows ファイルに情報追加出来る“タグ”でのグループ化設定」 の続きを読む
2016/05/06(金)
Windowsには、ファイルやフォルダー、同種ソフトなどを整列させて表示させる『グループ化』という機能が備わっています

グループ化は、名前やサイズなど、幾つかの種類から選択できるようになっています

Grouping-1.png


>> 「Windows ファイルやフォルダーをクループ化」 の続きを読む
2016/04/27(水)
フォルダーやファイルは、名前や日付時刻、タグやサイズなどを指定して並べ替えることが出来ます

通常は、名前の昇順(小~大)に並んでいます

explorer-file1.png


>> 「Windows フォルダーやファイル名前や日時の並べ替え」 の続きを読む
2016/04/19(火)
Windowsの“システムトラブル”といってもいろいろなケースが考えられますが?Windowsには、システムトラブルに役立つ機能が備わっています

「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」をクリックします

Windows-trouble1.png


>> 「Windows 基本的トラブル対処法」 の続きを読む
2016/04/19(火)
エクスプローラーは、ファイルやフォルダーを操作するために用意された、Windows専用のソフトです

エクスプローラーの基本画面は、上、中央左右、下の4つの部分で構成されています

explorer-1.png


>> 「Windows エクスプローラー [explorer] 基本画面」 の続きを読む
2016/04/18(月)
Windowsのスタートメニューは、マウスを使わなくてもキーボードだけで操作することが可能です

通常状態であれば問題なくマウス操作が可能ですが、トラブルの際は役に立つキーボード操作です

key-Operation1.png


>> 「Windows キーボードでスタートメニュー操作」 の続きを読む
2016/04/15(金)
Windowsの「保護者による制限設定」は、子供のPC利用を制限する機能ですが、複数のアカウントで使用している場合、アカウントごとに使用時間や機能を制限することも可能です

「スタート」→「コントロールパネル」→「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」を選択から『保護者による制限設定』をクリックします

protector-1.png


>> 「Windows 保護者機能で使用時間や機能を制限する設定」 の続きを読む

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. |  Next

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。