SOTEC リカバリをはじめて3日目

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/15(土)
Windows Vista 搭載 SOTEC BJ3512B リカバリ

3日前から「SOTEC BJ3512B」のリカバリを始めたが・・・

Windows Vista リカバリ領域使って実行したかっが、キーを押すタイミングが悪いのか、前回やった時と同様リカバリ領域からの復旧は出来なかった。

この「SOTEC BJ3512B」には、はたしてリカバリ領域が存在してるのか?新品でかったことは間違いないが、このPCは家族みんなが使っていて、1年ほど前から息子が頻繁に使用していて、いろいろなフリーソフトが追加されていたり、いろいろと設定が変えられていたりしてるので、確認することにしました。

付属の「Windowsエニイタイムアップグレード」DVD-ROMを使って、Windows Vista を再インストールすることに・・・この「Windows Anytime Upgrade」は、通常はアップグレード用として使われるディスクですが、このディスクを使ってアップグレードをおこなって無い場合は、HDDをリカバリを出来る状態に戻ディスクとなります。

付属の「Windows Anytime Upgrade」というディスクを使いリカバリ領域から復旧しようとしたが、何回やってもうまくいかず、結局クリーンインストール、このインストールに7時間かかってしまいました・・・

前回こんなにかかっていなかったような?・・・

結果初期状態に戻りましたが・・・いろいろ動作確認していると、だんだん動きが悪くなって、「スタート」をクリックしてからメニューが開くまでに3分位かかったり、Windows付属アプリケーションを動かそうとすると5分位かかたり?・・・

リカバリ領域確認へ
*Windows Vista リカバリ確認

Windows Vista リカバリ領域確認


「コントロールパネル」→「管理ツール」→「コンピュータの管理」→「記憶領域」→「ディスクの管理」で確認出来ます。

Cドライブの前に「EISA構成 7GB 正常」というリカバリ領域を確認出来た。

パーティション画面を見ると、2と3が確認できます。
win vista pre
パーティションが2からになっているので、パーティション1は、リカバリ領域と考えられます。

しかしキー操作が悪いのか、リカバリ領域からのリカバリ出来ないようで、

win_vista_04
仕方なく前回同様、クリーンインストールすることに・・

「今すぐインストール」は、通常のインストール方法と同じなので、プロダクトキーが必要となります。
product_key
PC側面にこのようなステッカ-が貼ってあり、数字とアルファベットを入力する必要があります。

インストール後は、マイクロソフトの認証が必要になります。

SOTEC BJ3512Bの場合は、3日以内に認証が必要になります。「スタート」→「コンピュータ」を右クリック「プロパティ」からコンピュータの基本情報を開き、一番下の「Windowsライセンス認証」から認証することになりますが、ここで認証されない場合は、電話認証になります。


電話認証・・・


マイクロソフトへ電話(無料)をかけ、認証をうけることになります。こちらは、音声ガイダンスにしたがい、画面上に出ている48ケタの数字を電話のプッシュボタンを使い入力すると、新たに48ケタの数字を音声でガイダンスされ、その数字を画面に打ち込むことで認証されるシステムです。

認証出来なかった場合は、直接マイクロソフトの担当者とのやりとりなります。自分の場合は、音声ガイダンスにしたがいやって認証しました。


Windowsを立ち上げ直後は調子いいのに・・


立ち上げ直後は、サクサク動作してるのに、しばらくするとパフォーマンスが低下し、動きが悪くなります。・・・?

パフォーマンス低下した時の対処法として・・・SOTECのロゴが消えた直後に「F8」キーを断続的に押す

win vista rog

そうすると、「詳細ブートオプション」が出てきて、項目に、「ブートログを有効にする」が出てくるので選択、「Enter」押すことで、前回正常起動時の構成にもどされるので、パフォーマンス低下した時は、使ってみるのもいいと思います。


パフォーマンスが悪いのでアップデートすることに・・


アップデート画面から更新出来るデータを入手すると、101個更新可能とでた。このVistaは初期のVistaで、アップデートする項目が多すぎとは思ったがアップデートすることに・・・

なんと12時間たって20パーセントしか終わってない・・・

途中でやめて電源を一度落とし「ブートログを有効にする」で前回正常起動時の構成に戻してから再びPCを起動、マイクロソフトから「Windows Vista Service 1」ダウンロードしてきて、只今インストール中です。

今見ている限りでは、時間短縮できそうです。・・・(笑)

これが終わるとこんどは「Windows Vista Service 2」やななければ・・・

まだまだ時間がかかりそう?・・・
関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。