Windows7の変更点説明

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/16(水)
Windows7様々な変更点

「Windows7」で大きく変化したのは、ウィンドウ操作やタスクバー機能、Windows vistaをベースに効率よく仕上げられている点です。

また、ネットブックやミニノートPCような性能の低いパソコンでも軽快にサクサク動作するのが特徴です。

それでは、進化した「Windows7」の変更点を見ていきましょう。
*様々な変更点

・ガジェット

「Windows7」を立ち上げて最初に気づいたのは、Windows Vistaでは、起動するごとに画面右上にガジェットが出てきたが、「Windows7」では、ユーザーが自由に設定することが出来るようになっています。


・タスクバー

タスクバーでは、これまでの「Vista」や「XP」にあったクイック起動が、表示されなくなりました。

「Vista」や「XP」の感覚で使いたい場合は、「タスクバー」を右クリック、「ツールバー」「新規ツールバー」を選択、フォルダ選択画面がでるのでクイック起動したいものを選択すれば、タスクバーに表示されます。


・ジャンプリスト

タスクバーやメニューに、ジャンプリスト機能が搭載されています。

タスクバーやメニューボタンを右クリックすると、よく使うサイト一覧や新しいタブを開くといった補助メニューが表示されるようになりました。

これは、ジャンプリストに表示されたアイコンを使えば、従来のWindowsでやっていた幾つかの操作が省略できることになります。

「Windows7」では、より少ない操作で簡単に出来るよう工夫されています。


・ライブラリ

ライブラリは「Windows7」の新機能で、複数のフォルダーをひとまとめにした仮想フォルダーを作ると、中のファイルをいろいろな分類方法で、整理して管理することができる機能です。


おおまかにピックアップして説明しましたが、「Windows7」はVistaに比べ、軽快で使いやすくなったのではないかと思います。
関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。