メディアツールを作って置くことで自分のタイミングでWindows 10にアップグレード可能

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/08/07(金)
Windows10 の無償アップグレードの予約すると、通知が届くまで数日から数週間待たなければならない。

Windows10-18.png

今現在Windows7、Windows8、Windows8.1を使ってる人は、Microsoftから「MediaCreationToolx64.exe」というメディアツールをダウンロードして置くと、自分の好きなタイミングでWindows10にアップグレード(※期間限定)することが出来ます。


*Windows10 メディアツール作成手順

1)MediaCreationToolx64.exeを開始すると、以下の画面が立ち上がり『他のPC用にインストールメディアを作る』を選択「次へ」

Windows10-08.png

2)言語、アーキテクチャ、※エディションを選択し「次へ」

Windows10-09.png

3)ISOファイルを選択「次へ」

Windows10-10.png

4) Windows10 をダウンロードしてます。勝手に進行していきます。

Windows10-11.png

Windows10-12.png

5)数分後(※時間はPC環境によって異なる)『ISOファイルをDVDにコピーしてください』と出てくるので、ドライブに空のDVDメディアを入れ「DVD書込み用ドライブを開く」クリックし、ディスクイメージ書込みツールで Windows10 のDVDメディアを作成する。

Windows10-13.png

Windows10-14.png

Windows10-15.png

これで Windows10 のメディアツールが完成します。

※1ヶ月以内なら旧OSに戻すことも可能。(但し、デフォルト「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」の場合)


関連記事

タグ : Windows10 Windows7 Windows8.1 MediaCreationToolx64.exe ISOファイル OS

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。