Windows7システムエラーを信頼性モニターから確認

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/13(土)
不意に訪れるシステムエラーの原因が知りたい?

Windows7に搭載されている『信頼性モニター』を使えば状況確認が可能です。システムの安定性を時間軸グラフ10段階で判定し、使用中のWindows7がどの程度の安定性で動作しているか確認できます。

「スタート」→「コントロールパネル」→「コンピューターの状態を確認」

win7-se-10.png
*「メンテナンス」→ win7-se-9.pngをクリックすると「問題レポートの解決策を確認」→「信頼性履歴の表示」をクリックする。

win7-se-2.png

『信頼性モニター』が出てきます。

win7-se-3.png

ソフトが起動しなかったり、応答停止したなどのトラブルが重要イベントととして記録されています。

解決策の確認も可能で、その時点で解決策が見つからない場合は、後日解決策が見つかった場合にはアクションセンターに通知があります。

win7-se-4.png

「信頼性の詳細を表示」や「技術的な詳細の表示」をクリックすると、トラブルの説明や解決方法などが表示されます。


win7-se-8.png  動作が停止するなどのエラーが発生した時の表示

win7-se-6.png  アプリケーションやアップデートのインストールの失敗など

win7-se-7.png  アプリケーションやアップデートのインストールの成功など


数値が高いほどシステムが安定してると言えます。また、今現在トラブルを抱えてる方には問題解決の糸口が見つかるかもしれません。

関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。