フォルダーやファイル、右クリックメニューの“送る”に送り先を追加

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/21(日)
フォルダーやファイルを右クリックすると、メニューに「送る」という項目があり、「送る」にマウスポイントするとサブメニューが表示され、その項目にファイルやソフト等を送って開きます。

標準では、「Word」「Excel」「メモ帳」と言ったテキストファイルなどを開く送り先が無いので、送り先を追加したいと思います。

sund-1.png


*スタートメニューのプログラムとファイルの検索に「SHELL:SENDTO」と入れ開きます。

sund-2.png


右側の何もないところを右クリックし、表示メニューの「新規作成(X)」をマウスポイント→送り先となる「ショートカット」を選択

sund-3.png


ショートカット作成画面で、送り先にしたいソフトの実行ファイルを指定し、キー入力もしくは「参照」ボタンから設定します。

例として、「Word」を指定→「次へ」

sund-4.png


自分が分かりやすいようにショートカット名を設定。例として「ワード2007」→「完了」

sund-5.png


『SendTo』フォルダーに「ワード2007」という名称のショートカットが作成されています。

sund-6.png


右クリックメニューの「送る」のサブメニューの送り先にも「ワード2007」が追加され、ワードを開くことが出来るようになります。

sund-7.png



※エクセルは「excel.exe」、ワードは「winword.exe」、メモ帳は「notepad.exe」

※参考例)エクセル2007の場所
 Cドライブ/Program Files(x86)/Microsoft Office/Offies12/EXCEL.EXE
※参考例)ワード2007の場所
 Cドライブ/Program Files(x86)/Microsoft Office/Offies12/WINWORD.EXE
※参考例)メモ帳の場所
 Cドライブ/Windows/notepad.exe


関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。