Windows C、D、ドライブ文字の変更方法

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/29(月)
Windowsでは、C、D、と言ったドライブ文字が割り与えられています。

大概は、OSが入っているドライブを C とし、D(データ用など)、E(BD/DVDドライブなど)と割り当てられています。

このドライブ文字のアルファベットは、変更することが出来ます。

drive-character1.png


*

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」をクリック

drive-character2.png


「管理ツール」にある「ハードディスクパーティションの作成とフォーマット」をクリック

drive-character3.png


「ディスクの管理」今現在のドライブの状態が表示されます。

drive-character4.png


ドライブ文字を変更したいドライブを選択し、右クリック、メニューから「ドライブ文字とパスの変更」を選択

drive-character5.png


例)データー用(E:)を変更

「ドライブ文字とパスの変更」を選択、「変更」をクリック

drive-character6.png


一覧からドライブ文字を選択して変更することが出来ます。一覧表示されてるアルファベットは未使用の文字なのでどれでも構いません。

drive-character7.png


※ドライブ文字に依存する一部のプログラムは、変更しようとすると確認表示がでます。大概は変更しても構いませんが、その場合一部のプログラムが動作しなくなる可能性もあります。また、OSが入っている起動ドライブの文字変更はしない方がいいでしょう。


関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。