Windows ハードディスクを定期点検

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/03(木)
ハードディスクは永久に使える物ではありません。使用頻度もよりますが早ければ数年で壊れたりもします。

たまには、ハードディスクのメンテナンスをするといいでしょう。

「スタート」右クリックで「エクスプローラーを開く」

hdd-maintenance1.png


*

メンテナンスを行うドライブを選択、メニューから「プロパティ」を呼び出す。

hdd-maintenance2.png


「ツール」を選択、『このオプションはドライブぼエラーをチェックします。』の「チェックする」ボタンをクリック。

hdd-maintenance3.png


エラーチェック画面が表示されるので、「開始」をクリック。また、「不良セクターをスキャンし、回復する」にチェックを入れると、より厳密にチェックすることが出来ます・・ただ、時間はかかります。

hdd-maintenance4.png


OSをインストールしていない他のドライブはエラーチェック出来ますが、OSをインストールしてあるドライブはエラーチェックができません。

その代わりに「ディスク検査のスケジュール」をクリックすると、次回の起動時にエラーチェックの予約が出来ます。

hdd-maintenance5.png


パソコンの電源を入れると、Windows起動する前の段階でエラーチェックが行われ、終了するとWindowsが起動します。

hdd-maintenance8.png


検査結果は、Windowsが起動後「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「管理ツール」にある「イベントピューアー」→「Windowsログ」→「アプリケーション」→「Wininit」をダブルクリックすると確認することが出来ます。

また、結果を保存しておきたい場合は、「コピー」ボタンを使いコピーペースト出来ます。

hdd-maintenance6.png


イベント「Wininit」をスクロールすると、以下の画面が出てきます。

hdd-maintenance7.png

参考例)「0 KB in bad sectors.」KBの数値が増えるほど、HDDの寿命が短くなるようです。


関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。