Windows パスワードのリセットディスク作成方法

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/07(月)
パスワードを忘れた場合の非常用として、『パスワードリセットディスク』を作成しておくと便利です。

「コントロールパネル」→「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」

Pass-Reset1.png


※パスワードリセットディスクを作っておけば、いざという時に安心!?


*

「ユーザーアカウント」→『パスワードリセットディスクの作成』をクリック

Pass-Reset2.png


パスワードディスクの作成ウィザードが起動するので、「次へ」と進める。

Pass-Reset3.png


元々リセットディスクは、フロッピーディスクで作成するのが基本でしたが、最近ではフロッピードライブを搭載しているパソコンがほぼ無いので、手に入りやすいUSBメモリーかSDメモリーカードで作成するといいでしょう。

例)「USBメモリー」→「次へ」

Pass-Reset4.png


「現在のユーザーアカウントパスワード」にパスワードを入力「次へ」

Pass-Reset5.png


USBメモリーへリセットディスクの作成が始まり、進行状況が100%なったら「次へ」

Pass-Reset6.png


この画面で「完了」をクリックして『パスワードリセットディスク』の完成です。

Pass-Reset7.png


例)パスワードリセットディスクを作成したUSBメモリーには以下のような「userkey.psw」ファイルが作成されています。

Pass-Reset8.png


※『パスワードリセットディスク』があれば、パスワードを忘れてもログオン出来ますが、パスワードリセットディスクを使えば誰でもログオン可能なってしまうので、保管には十分注意が必要です。


Windows パスワード忘れた?リセットディスクの使い方はこちら


関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。