Windows 表示されないフォントを使えるようにする

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/28(月)
Windowsには、標準で100以上のフォントがインストールされています。さらに、Officeソフトがインストールされているなら200以上のフォントが存在します

フォント選択出来るソフトで見ると、数十種類のフォントしか表示されません?

これは、日本語の言語設定に対応したフォント以外を表示させない設定にになっているからです

表示してないフォントを表示させるには?・・
「スタート」→「コントロールパネル」→「デスクトップのカスタマイズ」から『フォント』を選択

font-display1.png


*


ここに表示されているのがインストールされてるすべてのフォントです

例)この環境の場合、191個のフォントがあることがわかります

font-display2.png


各フォントアイコンには文字が書かれいて、色の濃いものと色の薄いものがあります

色の濃いものがリスト表示されるフォントで、色の薄いものがリスト表示されないフォントです

表示されてないフォントを表示させるには、対象フォントを右クリックし、メニューから「表示」を選択するだけです

font-display3.png


関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。