DNSサーバーの挙動は“nslookupコマンド”で調べる

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/09/02(金)
一般的な通信では、ドメイン名をDNSサーバーに問い合わせ、IPアドレスを取得するが、通常はPCが内蔵するソフトで自動的に処理が行われ確認することが出来ません。

DNSサーバーがトラブルの原因だった場合、「nslookupコマンド」を使うことで、DNSサーバーの挙動を目に見える形で確認することが出来ます。

使い方はいたって簡単で、コマンドプロンプトを管理者として実行『nslookup(スペース)ドメイン名』と入力するだけです。

nslookup3.png

参考サイト:http://pctaiken.cdx.jp/system/nslookup.html


関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。