3D NAND採用!クルーシャルMX300シリーズのSSDの3モデル

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/09/15(木)
クルーシャル初の TLC 3D NANDフラッシュを採用したMicronブランドMX300シリーズの3モデルです。

MTTF(平均故障時間)は150万時間、総書き込みバイト数が80TBW(最大耐久性評価)、高速性能を長期にわたり持続する“シングルレベルセルフラッシュメモリの適応型プール”が採用されたのが特徴のSSDです。

起動・ローディング時間を大幅短縮、高負荷アプリケーションの高速処理、あらゆる形式(※形式によって誤差ありと思われる)のファイルを最大読み込み530MB/s、最大書き込み500MB/sと良いこと尽くめのモデルのようです!

MX300SSD1.jpg

CT275MX300SSD1 7,353円
CT525MX300SSD1 13,659円
CT750MX300SSD1 20,250円
関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。