NVIDIAのGF GTX750Tiに乗せ換えたら59Hz病に?

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/01/11(水)
ASUSのGeForce GTX750Tiが手に入ったので、取り付けいつものオンラインゲームをやっていたところ?

画面がカクカクしだし?真っ暗に?・・しばらくすると再起動?・・が頻発。

gf750ti-05.jpg

*


NVIDIAコントロールパネルから「3D設定の管理」の『電源管理モード(パフォーマンス最大化を優先)』にしたり・・

gf750ti-02.jpg


『Surround、PhysXの設定』の自動選択(推奨)を“GeForce750Ti”にしても治らず?

gf750ti-03.jpg


Windowsの「個人設定」→「ディスプレイ」→「ディスプレイの設定の変更」→「詳細設定」→NVIDIA GeForce GTX750Tiのプロパティの「モニター」から画面リフレッシュレートのみると、59ヘルツ(59Hz病?)になっている?

60ヘルツに設定しても59ヘルツに戻ってしまう?・・

gf750ti-01.jpg


再びNVIDIAコントロールパネルに戻り、ディスプレイの「解像度の変更」→「カスタマイズ」→「カスタム解像度の作成」を確認

リフレッシュレート(Hz)(R)が『59』に・・

gf750ti-06.jpg


リフレッシュレート(Hz)(R)『60』にし、タイミングの標準を「手作業」、垂直リフレッシュレートを60,000Hzで「テスト」ボタンをクリック。

gf750ti-07.jpg


Windows側の「NVIDIA GeForce GTX750Tiのプロパティ」を確認したところ、『60ヘルツ』になっていることを確認できた。

gf750ti-05.jpg


今のところ、カクカクや再起動もなくオンラインゲームは出来ています。


関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。