格段に使いやすくなった「Windows7」の”バックアップ機能”

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/24(日)
Windows 7 バックアップ機能

データやシステムが破損する前に、定期的にバックアップとっておこう!

格段にパックアップ時間が短縮されているし、保存先を選べば、自動でバックアップが行われ、「windows vista」に比べると、かなり簡素化されています。
b_up
「DVD-R」にも保存出来ますが、データが増えてくると枚数が増えるので、バックアップ先を、「USB」や「eSATA」接続の外付け「HDD」が便利だと思います。
*アクションセンターから起動・・

”アクションセンター”からの起動が分かりやすいと思います。

タスクバー右にある旗マ-クみたいなのをクリックし、「アクションセンタ-」を開きます。

back_up_002

「アクションセンター」が開きます。↓

back_up_003_1
「バックアップと修復」をクリックします。

バックアップ場所を選択します。↓
back_up6
「次へ」をクリックします。


自分がバックアップしたい物だけ選択することも可能です。↓
back_up7
「自動選択」を選んだ場合、ライブラリ内、デスクトップ上、Windows フォルダー内に保存されたデータ ファイルがバックアップされます。

「自分で選択」を選んだ場合、このような画面がでてきます。↓
back_up8
「バックアップ」したい物を選択して「次へ」をクリックします。

back_up9
「設定を保存し、終了します。」をクリックして次へ進みます。

この続きは.....パソコン体験記をご覧ください。

ポチっと!してくださいね。
関連記事

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。