“kdbsync.exe システムエラー”AMDのAVTを無効にしてはいけない?

パフォーマンスをバランス良く進化させたWindows7多くの不満が改善され使いやすくなったWindows7の特徴・機能・変更点などを解説してます

スポンサーリンク
山形県米沢市のNECパーソナルコンピュータ事業所で生産した日本品質モデル
マイクロソフトセキュリティ情報
2017年1月2016年12月11月10月9月8月7月
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/10/10(水)
検索:動画アクセラレータ、コマンドプロンプト

AMDのビデオカードのアップデート後、パソコン起動時に表示されるコマンドプロンプト“kdbsync.exe システムエラー”は、実は無効してはいけないのではないだろうか?・・

Windows7_x15.png

*くぐって見よう!動画アクセラレータ、コマンドプロンプト

AMDのAVT(Accelerated Video Transcoding device initialization)とは、動画アクセラレータ機能を初期化する?機能のようで、直接動画アクセラレータには関係ないのかもしれないが、動画アクセラレータ機能に関するものであるのは確かです。

さらに、このCMD.EXEは、Windowsのシステム上でMicrosoftが提供するコマンドプロンプトのようなので、AMDのAVTを無効にしてしまうのは好ましくないと思われます。

動画アクセラレータ機能とは、CPUとビデオカードに演算処理を振り分け両方を使い動画の画質を向上する動画再生支援機能です。

最初は自分もAMDのAVTを無効にしてたんですが、調べていくうちに上記のようなことがわかったので、今はAMD AVTを「有効」にしています。

しかし、パソコン起動時に毎回“kdbsync.exe システムエラー”が出てくるのはウザイいので、AMD AVTの起動を少し遅らせてみたところ、エラーが出なくなりました。
Windows7_x15.png

やり方としては・・

フリーソフト『Quick Startup』を使いました。
Windows7_x20.jpg
上に表示されているのは、パソコン起動時に立ち上がるプログラムです。その中から「AMD AVT」選択し、「遅延」をクリックすると下の「スタートアップ起動の遅延」にAMD AVTが入り、パソコンを起動すると30秒遅れてAMD AVTを立ち上げることが出来るようになります。

自分の場合は、これでエラーが出ることなく、「AMD AVT」を起動させることが出来てます。

※何か最新情報などコメント頂ければ嬉しいです!

関連記事

アークのオリジナルBTOパソコン!高性能コストパフォーマンスPCやオリジナルゲーミングPC、arkはMSI認定サポート店だからMSI製品も充実!

実は、パソコン工房の売れ筋の人気パソコンは意外と低価格なのに高性能なAMDのAPU搭載パソコンって知ってました?

この記事へのコメント
助かりました。 そもそもなんのエラーか分からず。

私は色々試しましたが、10秒の遅延でエラーが出なくなりました。

ありがとう御座います。
2012/11/11(日) 12:36 | URL | じゅーぼ #N1OpTHoY[ 編集]
> 助かりました。 そもそもなんのエラーか分からず。
>
> 私は色々試しましたが、10秒の遅延でエラーが出なくなりました。
>
> ありがとう御座います。

そうでしたか、お役にたててなによりです。

10秒遅延でエラー出なくなるんですね!新たな情報ありがとうございます。
2012/11/11(日) 14:06 | URL | katarina #-[ 編集]
この症状が出てたので困っていたところこちらのサイトに辿り着きました。おかげで正常に戻りました。
ありがとうございます!!
2012/12/13(木) 22:35 | URL | #-[ 編集]
> この症状が出てたので困っていたところこちらのサイトに辿り着きました。おかげで正常に戻りました。
> ありがとうございます!!

お役に立てて何よりです。自分と同じ症状が出ている方が多くいることを再認識しましました。これからもお気軽にコメント頂ければ嬉しいです!
2012/12/14(金) 11:32 | URL | Windows7完全ガイド@katarina #-[ 編集]
メッセージは異なりますが、AMDに問い合わせた方がいるようです。
http://blogram.net/2013/02/14/kdbsync/
opencl.dllがないため・・・ということはスタートアップ遅延でエラーを回避した場合にはGPGPUが使えないといことでしょうか?
2013/02/24(日) 22:21 | URL | 星羅 #ycN9dh8A[ 編集]
> メッセージは異なりますが、AMDに問い合わせた方がいるようです。
> http://blogram.net/2013/02/14/kdbsync/
> opencl.dllがないため・・・ということはスタートアップ遅延でエラーを回避した場合にはGPGPUが使えないといことでしょうか?

GPGPUが使えなくなるのを回避するため、スタートアップ遅延を行ってエラーを回避したので、GPGPUが使えなくなることはないと思います。

AMDに問い合わせた方のサイトをみると・・
複数のドライバーをインストールすることで、システムに複数のOpenCL64.dll 及びOpenCL.dll が残され、互いに競合することにより起こっている可能性があるとなっているので・・

ドライバー削除ツール「AMD Catalyst Un-install Utility」を使って、一度ドライバーを完全に削除してから、入れなおした方が得策ようですね!

貴重な情報ありがとうございました。時間のあるときにやってみます。
2013/02/26(火) 17:32 | URL | Windows7完全ガイド@katarina #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © Windows7完全ガイド All rights reserved. | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。